日本でカジノの解禁はいつ?パチンコ副業リーマンカジノと金貸しからスカウトされる!?

スポンサーリンク

新たな公営ギャンブルが誕生で、いよいよ日本でもカジノがプレーできますが、それは一体いつごろ?多分2023年頃ではないかと思います。色々としがらみがあってなかなか前に進まないのです。

スポンサードリンク

日本でカジノの解禁はいつ?

日本でカジノの解禁はいつ?

出典:NHK NEW WEB

カジノを含むIR=統合型リゾート施設の整備法の成立を受け、政府は、今後2年をめどに整備に向けた基本方針を策定したうえで、誘致を目指す都道府県などから計画の申請を募り整備区域を決めることにしていて、どの地域が選定されるかが焦点となります。

カジノを含むIR=統合型リゾート施設の整備法は、20日の参議院本会議で採決が行われ、自民・公明両党や日本維新の会などの賛成多数で成立しました。

成立した法律では、施設の整備区域について、当面は全国で3か所までとし、最初の区域認定から7年後に見直すとしているほか事業者に対して、カジノの収益の30%を国に納付することを義務づけています。

また、カジノに関する規制として入場料を6000円とし、入場回数は1週間で最大3回、4週間で10回までに制限することや、事業免許を不正に取得した場合の罰則などを盛り込んでいます。

引用:NHK NEW WEB

当面3カ所のみとなると、東京は鉄板、次に大阪万博があるので大阪、残るはあと1か所これがどこになるかですね。2020年の東京オリンピックには間に合いませんが、オリンピック後の日本の景気を持続させるためにはいい材料だと思います。最初にお伝えしたように多分2023年に日本でカジノがスタートとなるでしょう。

別件ですが、マスメディアは「日本人のギャンブル依存症についてどうするのだと!❓」と訴えていますが、逆です。中国人と韓国人プレーヤーが日本に押し寄せて来ると思います。この人たちの依存症の方が怖いです。ご存じかと思いますが、中国ではいまマカオ等でのギャンブルが厳しくチェックされています。特に中国人のカジノ好きは半端ないです、週末となるとマカオに行って寝ないでギャンブル、そんなギャンブル好きが今どうしているのか?フィリピンに行ったり、フィリピンを拠点としてネットカジノでプレーしています。そういった人たちが、「カジノが日本にできた!!」となると観光を目的としてカジノに出入りすることでしょう。日本にとっては税収が上がりプラスになります。

パチンコ副業リーマン、カジノと金貸しからスカウトされる!?

パチンコ副業リーマン

スポンサードリンク

カジノ法案が可決後、早々にスカイプがなりだす・・・見ると海外の友人からでした。話の内容だが、「また一緒にカジノ金融をやらないか?」、「カジノのディーラを養成する学校をやらないか?」とのお誘いでした。両方とも必ず必要となる大事な箇所です、皆さんはご存じないと思いますが、カジノの中で特定金融業務が合法なのです!簡単に言うとお金をプレーヤーに貸し付けることができると言うことです。パチンコ副業リーマンもフィリピンでカジノ金融をやっていた時は1日2%の金利を取ってました。携帯やマンションの権利書で貸したり、車を担保に貸したり、一緒に来ていた愛人を担保に入れた強者もいました。ご安心してください、すべて次の日に貸した金額+利息をもらって無事終了でした。「プレーの結果ですか?」もちろん大負けでした。これらの強者プレーヤは必ず勝ちに転じるのですが、やめないのです・・・だから最後は負けとなります。こんなことはまだ氷山の一角で、かなり多くの記憶がまだ頭の中に眠っています。

さて、この特定金融業務とはなんぞや?

  • カジノの中でお金を借りることができる。
  • 借りられる限度額は無し、お店が判断すればノーリミットで貸し付け可能です。
  • 合法・非合法ともに金利はバカ高いです。

結局、彼らは日本でいずれ金貸しをしたいのでしょうが、もうあんな気合いのいる仕事はいいです。金貸しの件は保留としましたが、カジノスクールはいいかもしれません。カジノのディーラは無くてはならない存在ですし、高い給料を見込めます。カジノディーラになりたい人の為になるなら事業として手伝うのもいいかなと思います。

このカジノディーラの業務内容ですが、テーブル上でカードを配ったりするゲーム運営になります。勤務時間のベースは3シフト制で8時間勤務になりボーナスも出ます。また、クリスマスには客からもらったチップを全ての従業員で分けたりします。

必要な技能ですが、英会話、客とのコミュニケーション力は必要です。それと頭の回転が速いと更にいいですね特に勝利した金額の払い戻しで手間取るとお客から罵声が飛びます。容姿はいいに越したことがないですが、特に良くなくても問題は無いと思います。

日本国内でもカジノスクールに問い合わせが多いらしいですが、実力を付けたいのであれば海外のカジノスクールに行くのもいいかもしれません。パチンコ副業リーマンがおすすめするところは政府が運営するカジノスクールなので費用は割と安いです。ただし数ヶ月はの滞在は必要になるので必死に英語力とカジノディーラとしての技量を学ばなければなりません。まぁ当然と言えば当然ですね。

今サイトを作っているところですの数日後にはご紹介できると思います。

興味のある方は是非読んでください。

学校運営に携わりたいと言う方も私募債などで募集致します。

失礼します。